WinWin HOME

HOME > お客様の声 > 今治市「歩と円満な家」

今治市「歩と円満な家」

家族との繋がりを いつもどこかで感じられる家

 以前は社宅にお住まいだったSさんご一家。二人目のお子さんの妊娠をきっかけに、本格的にマイホームを考えるようになったそう。何件か展示場をまわった後に、西条市での「家展」に訪れたのが、ウィンウィンホームとの出逢いでした。全体の雰囲気やインテリアなど、「好き!」と思うものがいっぱいだったことはもちろんですが、何よりスタッフの人柄に惹かれたそう。家のアピールやセールストークはまったくなく、気が付けば友達感覚で、家づくりの不安や疑問を自然と話し込んでいました。帰りの車の中で「絶対ここで建てたいね!」と、すぐにご夫婦の意見が一致。西条市まで通うのはちょっと遠いかな、と少し不安もあったそうですが、やっぱり一生に一度のことにはとことんこだわりたい、という気持ちのほうが大切でした。実際に打ち合わせがはじまると、事務所にはキッズスペースもあるので、お子さんたちはスタッフと遊ぶのを毎回楽しみにしていて、西条までのドライブも良い気分転換になったそうです。

 全体的にカッコ良い雰囲気にしたかったというご夫妻。外観は、サイディングをダークカラーで塗装したクールな佇まいが印象的です。リビングも、アイアンの階段や板張り天井などこだわりがいっぱい。吹き抜けからはいつも明るい光が降り注いで、自然と家族の笑顔が集います。社宅に住んでいたころは、休日は外に出かけることが多かったそうですが、今はお家で過ごす時間がとっても多くなったそう。突然かくれんぼが始まったり、秘密基地のようにおもちゃ部屋にこもってみたり…家族ともお友達とも、新しい遊びや幸せな時間が、たくさん生まれています。

 

しっくりと暮らしになじむ アイアン × 無垢材

 吹き抜けの開放的なリビングでまず目にとまるのが、カウンター上の板張り天井。一部分のみにすることで暗くなりすぎず、程よいアクセントになっています。大工さんが木目のバランスを一枚いちまい見ながら仕上げた自信作です。

 家づくりで一番外せない要素だったというリビング階段は、アイアンと無垢材でかっこ良く。その下には、ご主人ご希望のカウンターを設置しました。パソコンなどの作業スペースとしてはもちろん、お子さんたちのお絵描き用としても大活躍。将来的にはここで宿題も見てあげられそうです。

 家展で見て気に入った「アメリカンスイッチ」や、洗面所やキッチンのタイルもこだわりの一つ。家づくりと合わせてウィンウィンホームで選んだ家具やライトも、しっくりと暮らしになじんでいます。

 
 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.