WinWin HOME

HOME > スタッフブログ > 矢原 愛 > 吹き抜け いる?いらない?

吹き抜け いる?いらない?

おはようございます!!!!!

矢原です。

 

ウィンウィンホームのおうち「直と大和の家」で暮らし始めて

早3年が過ぎました。

 

床や柱に色々な歴史を刻みつつ、

家族5人、毎日にぎやかに過ごしています。

 

我が家のリビングには3畳ほどの吹き抜けがあります。

主人唯一の要望であった

「リビングの開放感」

を建築士の先生に汲み取っていただいた結果生まれた空間です。

 

 

 

たしかに、とても開放的!

2階部分のFIX窓を見上げれば、日中は青い空が見え、

ある日の夜は、子どもたちとリビングで寝ころぶと、

きれいな三日月が見えました。

こんな素朴な時間を、幸せっていうんだろうな…としみじみ思いました。

 

吹き抜けのメリットとして、よく言われるのが

「家族みんながゆるーくつながれる」

ということ。

 

2階で宿題をしている子どもが、キッチンでごはんの支度をしている私に

「宿題分からーーーん」

と呼んだり…

 

2階にいる私に、1階から

「靴下持ってきて」

と声が聞こえたり…

そして吹き抜けから落としてみたり…(笑)

 

とにかく、家のどこにいても家族の声が聞こえます。

家族の気配を感じることができます。

 

ただ、それは裏を返せば、聞きたくないことも聞こえてしまうということ。

1階のテレビの音は、吹き抜けによって反響し、2階で寝ているとうるさく感じることもあります。

夫婦喧嘩をすれば、子どもたちにも丸聞こえです(笑)

 

吹き抜けにしてよかったなぁと思うことがもう一つ。

吹き抜け付近に昇降式の物干しを設置していますが、洗濯物が部屋干しでも良く乾くこと!

 

 

これは、個人的な見解ですが

吹き抜け部分に縦に空気が流れることによって、より乾きが早くなるのだと思います。

夏、冬のエアコンを付ける時期はシーリングファンを回すので、さらに早く乾きます。

 

エアコン…というワードが出ちゃいましたね。

そうなんですよね。

吹き抜けがあることで、リビングのエアコンは電気屋さんで一番大きなものを設置せざるを得ませんでした。

ウィンウィンホームのおうちは、高気密・高断熱。

夏も冬も、リビングのエアコン一台で2階の部屋もそこそこやっていけます…

ですが、もし、吹き抜けがなかったら、リビングのエアコンはもう少し小さいものでよかったかもしれませんね。

必要に応じて、各部屋をそれぞれ室温調整するという方が、もしかすると効率的かもしれません。

 

このように、実は吹き抜けっていいこともあれば、そうでないこともあって、実際に住んでみて、分かることや実感することってたくさんあります!

 

今週末の見学会は

「構造見学会 & 入居3年後のおうち見学会」

 

構造見学会では、お家の性能に関わる部分をご覧いただけます。

ウィンウィンホームの性能に対するこだわりを、体感してください。

 

そして、もう一つ!

オーナー様のご協力のもと、お引き渡しから3年が経った「旺と安寧の家」にて、実際にお住まいのご家族のお話を聞くことができます!

場所は、構造見学会にお越しいただいてからのご案内となります。

 

お家づくりのヒント満載の見学会です。

ぜひお越しください。

おいしいコーヒーを淹れてお待ちしています。

 

「構造見学会 & 入居3年後のおうち見学会」

 

矢原 愛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.