WinWin HOME

HOME > スタッフブログ > 大西 順子 > 言葉の重み

言葉の重み

 

出社早々、スタッフみんなで井戸端会議・・・

 

何を話していたのかというと

最近、そして今日もっともHOTな話題。

 

 

みなさんももちろん気になっていましたよね

「新年号」!

 

 

そうです。今朝はみんなで

「今日発表される新年号のアルファベットをみんなで予測しよう!」

という話題で盛り上がっていました^^

 

 

 

みんなの予測は当たっていたのでしょうか・・・??

 

 

 

 

みんなでその時を見守ります。

 

 

 

そしてついに・・・

 

 

 

「令和」という新元号が発表されました!!

 

 

 

 

なんと、さきちゃん(コーディネーター上野山)が見事大当たり!!!

すごーーーーい!

 

 

 

 

 

「令和」・・・誰もが予想してなかった漢字と響きでした。

ですが、新元号の由来をニュースで聞いて

すごく美しいというか・・・日本人らしい清らかさを感じるというか・・・

とにかく「素敵だな」と感じたのは言うまでもありません。

 

 

 

 

SNSが普及した現代では、言葉の価値がとても軽いと感じることがよくあります。

まるで独り言のようなつぶやきが世界に発信されていたり

匿名で誰かを言葉で攻撃したり

憧れの人に、気軽にメッセージを送れたり

 

 

いつでもどこでもだれとでも言葉を発信することができる今のSNS社会は

莫大な可能性と恐ろしい爆弾を秘めていると思うんです。

 

 

今回厳重な警戒態勢で新元号が発表されたことも、そういう時代であることを示唆していますよね。

 

 

 

 

そして、万葉集から引用された「令和」という新元号を聞き

あらためて言葉の重みや日本の言葉の美しさを感じました。

 

 

 

 

SNSに限らず、つい言っちゃうような、「いらんこと」ってあるじゃないですか。

子どもについ言っちゃう「はよして!」とか^_^;

 

 

言葉をつかう者として、人を喜ばせたり楽しませたり

プラスにはたらく言葉を意識して使っていかなければ・・・

そんな風に思った今日の新年号発表でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

じゅんじゅん

 

 

 

 

 

 

 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.