WinWin HOME

HOME > スタッフブログ > 家庭という会社

家庭という会社

こんにちは。じゅんじゅんです。

今日は朝からテンションが高い子どもたち。
なぜかって?
だって台風がきてるから(^^;

瀬戸内側は本当に気候が穏やかで、災害も少なく安心して暮らせる反面
子どもたちは刺激が足りないようで、嵐になると興奮しはじめます(笑)
分かるよ!よーく分かる!
でも何事もないのが本当に幸せなんだよといつも言うのですが、
子供たちは知っているんですよ。
お母さんも少しワクワクしていることを(^^;

子供心を知るには、自分が子供に戻ってみるのが一番いいんです。
親目線の眼鏡をいったん外してみると、子供と心が通じ合う瞬間にたくさん出会えます。



さて、話は変わって
ウィンウィンホームでは月に1回全体会議(ありがとう会議)をしています。

ありがとう会議

スタッフが増えると、尚更大切になるのが「共有」です。
情報の共有だけでなく
同じ目標に向かい、心を一つにするための
意思の共有も大切です。

同じ目標を共有していたとしても、立場が違えば考えることが違うのは当たり前。
だからこそ、心を一つにするって本当に難しいことだと思うんです。

だって、毎日一緒にいる家族でも
「共有」って、意外とできていない…

幼稚園や小学校で子供がどんなことをして、どんなことを思っているのか。
お父さんやお母さんがどんなことをして、どんなことを思っているのか。

家族だから逆に話しにくいとか
分かってるよね、察してよ
みたいな、言葉足らずなところがむしろ多くて。

でも、家族こそ
幸せな家庭であり続けるための「共有」の場が必要だと思うんです。



もちろんそこにはきちんとしたルールも必要で。



会議のルール
(先日の営業会議で出たテーマ)



この『会議のルール』は
そっくりそのまま
家庭のルールだなと思った私。


家族の心を一つにして
幸せな家庭を築いていくのにも
共有の場とルールが大切。

そして「ありがとう」の言葉。

簡単なようで難しい。


コツはやっぱり・・・
自分目線の眼鏡をいったん外してみるのがいいのかもしれませんね。





junko
じゅんじゅん

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.