WinWin HOME

HOME > 社長 語ります > 悲しいかな人は忘れる

悲しいかな人は忘れる

南海地震に強い家を建てる

 

 

 

日本のどこかで地震が起こるとみなさん耐震のことなどよく質問されますが

ある時期が過ぎると 見事に聞かれなくなりますね。(笑)

 

こんにちは。

耐震診断士 ウィンウィンホーム松本です。

 

今日は 耐震等級についてちょっとお話しますね。

 

 

 

 

「耐震等級」

 

では、今現在の「新耐震基準」を満たす住宅を建てたら安心!!

みなさんそう思いがちですが、そういうわけではないんです。

 

耐震等級とは、品確法(2000年に定められた法律)の

住宅の耐震性能の評価を示すものです。

 

 

耐震等級3

建築基準法の1.5倍の耐震性能。

耐震等級2

建築基準法の1.25倍の耐震性能。

耐震等級1

建築基準法の最低限のレベルを満たす耐震性能。

・震度6~7程度の大地震で倒壊しない

・震度5程度の中地震で損傷しない

 

 

もちろんこの中で最も地震に強いのが、「耐震等級3」です。

安心してください。

ウィンウィンホームのお家「耐震等級3」を標準としています。

 

今後住宅を建てるときには、この耐震等級を見て

どのくらい地震に耐えられる家なのか?を知っておいてくださいね。

 

今現在も耐震等級1の家でも建築可能なんですが(要チェツク)

2016年に起こった熊本地震では震度7クラスの地震が二回起こったこともあり、

たくさんの住宅が倒壊しましたが

倒壊した住宅の中には耐震等級2の住宅もあったそうです。

 

南海地震は80%以上起こりうるといわれています。

いつどこでどの程度の地震が起こるかは誰にも予測できません。

 

そのためには、みなさんの命を守る住宅は「最低限の耐震性能」じゃなく

「余裕を持った耐震性能」の家を建てることをお勧めします。

 

 

 

 

 

【今日のひとこと】

『悲しいかな人は忘れる…けど南海地震は80%です。』

 

 

 

 

8/3-4 四国中央市にて完成見学会開催!

 

 

※いよいよ明日 四国中央市で完成見学会です。

 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.