WinWin HOME

HOME > 社長 語ります > 知らず知らずの常識非常識

知らず知らずの常識非常識

新築 愛媛  注文住宅 愛媛

 

 

 

 

 

 

みなさん自分たちの親御さん世代の多くの人が

どんな土地でも

『南玄関は、あたりまえ』と考えている人が多いように

今まわりに建てられてる住宅の多くが、

どんな土地であろうと

洗面やお風呂などの水回りを北側に配置しています。

 

 

しか~し 果たしてこの間取りの取り方は

常に正しいのでしょうか?

 

 

こんにちは。

ウィンウィンホーム39建築士松本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

道路が南の方向で接している土地の場合は

基本的に家の北側に水回りを配置します。

それ以外の土地の場合、

水回りを北に配置することがほとんどなく、

ましてや道路が接する方向が北になる場合には、

水回りを北に配置することは100%ありません。

 

 

というのも

北道路の場合は北側がその家の大事な顔になるからです。

家の大事な顔となる面(ファサード)を美しく仕上げることも

我々住宅会社がしなければいけない大事なコトですね。

 

 

 

今度車で走ってる時

北側道路のお家の大事な顔となる正面(ファサード)を

意識して見てみてくださいね。

 

 

給湯器が正面にあったり窓の高さがそろってなかったり

防犯上窓に格子をつけてデザインを損ねてしまったり

勝手口があったりもします。

 

 

かなり多くの家が

「あれ?」・・・の状態になってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間取りを平面だけで考えてしまい

それ以外の点に全く頭が回っていなかった結果ですね。

 

 

ですから

『日当たりが良い所=部屋』

『日当たりが悪い所=水回り』

という間違った先入観をまずは捨ててから、

家づくりをするようにしていただければと思います。

 

 

 

日当たりと風通しを本当によくしなければいけない場所は

果たして一体どこなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

そのためにはその敷地の中でどのような間取りにすべきなのか?

を、使い勝手や住み心地なども考慮しながら、

しっかり考えるようにしてくださいね。

もちろん

同時に家の顔である景観を美しくする外観デザインは忘れずに!!

 

 

 

 

【今日のひとこと】

『大切なのは

知らず知らずの間に受け入れているあたりまえに疑問を持つこと…

かもしれません。』

 

 

 

 

※今日と言う日がみなさまにとってより良い一日となりますように…#39

 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.