WinWin HOME

tel.0897-56-8700 Open 9:00 ~ 19:00(水曜日定休)
愛媛県西条市喜多川620

HOME > 社長 語ります > 地震発生確率

地震発生確率

愛媛 注文住宅

西条 新居浜 増改築 リノベーション リフォーム

 

 

 

いつ起こるかわからない大地震…

そんな大地震から命を守るためにも

今後の家づくりは『いかに地震に強い家づくり』をするか?

という事が 今の住宅で絶対的に求められる要素になってきます。

 

 

 

こんにちは。

ウィンウインホーム39建築士 松本です。

 

 

 

ウィンウインホームは、耐震等級3の基準を満たした住まいを

標準としています。

とはいえ耐震等級3だから安心というわけでもございません。

 

 

 

〇屋根の重量や直下率に注意する

 

阪神大震災によって倒壊した家の多くが古い家でした。

古い家の多くは屋根に日本瓦が使われており

その重量が非常に重いため

地震が起こった時に柱や躯体がその重さに耐えられなくなり

倒壊してしまいました。

今の住宅は、屋根が軽量化されてますが、

大切なのが外周面の直下率!

1階と2階で柱や耐力壁の位置が合っている割合です。

この割合が低くなればなるほど、地震に弱い構造となってしまうのですが、

熊本地震で倒壊してしまった新しい家の多くが、

この直下率不足だったと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(宮城県沖地震が起こる4カ月前に発表されたデータ)

 

 

 

 

 

 

〇外周面には耐力面材を使用する

 

外壁の耐力面材は筋交いよりもいくつかのメリットがあります。

構造用面材を使用すれば、筋交いでは施工出来ない(しにくい?)

窓の上と窓の下にも、耐震強度をもった壁を施工することが出来ます。

その結果、筋交いの住まいに比べて耐震強度が強くなりますよね。

また、構造用面材を採用する理由の1つに

一瞬の“ひずみ”の少なさがあります。

この“ひずみ”が少なと、地震が起こった場合でも

施工した断熱材に隙間が生じにくくなり

断熱性能の低下を防ぎやすくなりますし

大胆な空間も創りやすくなるというメリットがあります。

 

 

 

そして、耐震とは関係ないですが

構造用面材を仕様することにより、

断熱性能を安定させやすいというメリットもありますね。

筋交いの場合は、断熱材の量が少なくなってしまうし

断熱材によっては施工も難しくなり

なによりその結果、断熱性能が低下してしまうのが

一番デメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(今後南海トラフ大地震発生確率70~80%)

 

 

 

 

家づくりはじめたくなったら。

 

〇「地震に強い家を建てたい」とお考えの方

 

もちろんプラスして

 

〇おしゃれで『自分たちらしい暮らし』の家に住みたいとお考えの方

 

 

 

いつでもお気軽にご相談いただければと思います。

 

こちらから>>>>こちら

 

 

 

 

【今日のひとこと】

『南海トラフ大地震は M9.1の予想です。』

 

 

 

 

 

 

 

※今日と言う日がみなさまにとってより良い一日となりますように…#39

見学会
実際のお家を体感
こだわりのお家見学会!
勉強会
まだまだ?そろそろ?
不安とお悩み解決!
資料請求
WinWinHomeのカタログ
無料プレゼント!

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.