WinWin HOME

HOME > 社長 語ります > 床暖房はデザインしない。

床暖房はデザインしない。

 

あれ?今回は『デザインしない?』なの?

いつもは『デザインする。』じゃないの?

と思ったそこのあなた…さすがです。

あらためていつも私のブログ『語ります』を覗いてくださってうれしいですね。

ありがとうございます。

 

こんにちは。

ウィンウィンホーム39建築士 松本です。

 

『床暖房はデザインしない。』

 

いきなりすみません。

いつもは『◯◯をデザインする。』って言い続けてる自分ですが

今日はあえて言わせてください。

 

『床暖房はデザインしない。』

 

はじめに言っておきますが、決して床暖房をすでに入れてるお家の方を

批判するつもりは一切ありませんのでご理解くださいね。

(すみません。)

 

もちろん床暖房はいい暖房設備です。

私のような冷え性の人は、足元が暖かいのは一番うれしいのはめちゃわかります。

また寒い時期毎日の生活にスリッパなしでの暮らしは快適なのは言うまでもありませんよね。

 

でもでも言わせてください。

 

『床暖房はデザインしない。』

 

まず床暖房は、初期費用が高いのがデメリットです。

暮らし始めてわかりますが、スイッチ入れてから温かく感じるまでの時間が長かったりもします。

でもでも一番大変なのがメンテナンスなんです。

不具合があった時は、もう不可能で床を全撤去しないといけない時もあります。

そうなるともちろん莫大な費用がかかりますよね。《床暖房アウト〜〜です!》

 

また暮らし始めてわかるランニングコスト電気代も

後から気づいても遅く後悔することになりますよね。

 

『床暖房はデザインしない。』

 

床暖房が絶対ダメというわけではありませんが

なんで『家づくりを始めよう』と思ったのでしょうか?

10人の家族がいれば10人の思いがあるはずです。

でもみなさんに共通して言えることはひとつだけ!!

どのご家族も今の暮らしより『幸せ』になるためにマイホームを考え始め建てるはずです。

 

だからこそ住み始めてからわかる電気代やランニングコストを下げることは

マイホームを考えるにおいて重要なポイントの一つだと思います。

 

今から家づくりをはじめ『床暖房を取り入れたいなぁ〜』って思ってるみなさん。

床暖房よりも自分たちの家の断熱や気密の性能がしっかりした住宅を選んでください。

そうすれば、暮らし始めてから後悔することはないと思います。

 

『まだまだわからない??』もちろんわかります。

家づくりってまだまだは知らないコトばかりですよね。

だからこそ

『家づくりはじめる前に一度無料相談会に何度でも来て悩みを打ち明けてほしい』

と思っています。

 

まちがいなく みなさん何かの扉が開くはずです。

 

>>>>悩む前にまずは相談から

 

 

※ちなみに10年前に床暖房を採用したウィンウィンホームのオーナー様

(当時めちゃめちゃ反対しましたが…どうしてもほしいということで)

でもお聞きすると…

『10年前の新築時1回使ってそれから一度も使ってないと』

言ってました。(笑)

 

 

【今日のひとこと】

『床暖房はデザインしない。』

 

 

愛媛県西条市の新築・リフォームの工務店 

(株)ウィンウィンホーム

松本誠二

*********************************************************
株式会社ウィンウィンホーム  -「はじまる。自分たちらしい暮らし」-

愛媛県西条市・新居浜市・四国中央市・今治市で注文住宅・新築・リフォーム
デザイン住宅・店舗デザインなどのご相談承ります。
《無料相談会のご予約はこちら

【Instagram】 

施工事例(@winwinhome)
  スタッフの日常(@winwinhome_staffgram)

リノベーション部 39リノベ(@39renove)

松本誠二 >>@seiji_matsumoto39

【YouTube】自分たちらしい暮らし MOVIE
【Pinterest】インテリア・暮らしのヒント集

平屋からはじまる家づくり >>> WONDOOR -ワンドア-
リフォーム・リノベーション事業部 >>>  39リノベ

*********************************************************

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.