HOME > お客様の声 > 四国中央市川之江町「暖と笑咲の家」

四国中央市川之江町「暖と笑咲の家」

2017-05-23

5年越しの夢がかなったマイホーム!個性ある家づくりに惹かれて…

voice-01s

結婚してからずっとマイホームを夢見てきたT様ご夫婦。マンションに暮らしながらも、いつかは自分たちの家を建てたい!という想いで5年ほど前から雑誌などで情報収集したり、モデルルームや展示場などにも機会があれば通っていました。その中でも特にウィンウィンホームの「家展」は印象に残っていて、全体の雰囲気や色合い、素材感…などに魅力を感じて何度か場所を変えて行ってみたそうです。するとその度にどの家にもまったく違った個性があって、訪れる度に新鮮な驚きが。その後足を運んだ他社の見学会では「ここは好きだけど、ここはもっとこだわりたい」…と、細かいところが気になるようになってきて、インテリアや雑貨までもトータルでコーディネートできるウィンウィンホームで「自分たちらしい家を建てたい!」という想いが大きくなっていったそう。ウィンウィンホームの事務所がある西条市へは、四国中央市からはちょっとしたお出かけ気分。今まで読んだ雑誌の写真を見せながら細かい要望を伝えたり、事務所のインテリアや併設されている雑貨店でイメージを膨らませたりしながら、じっくり時間をかけて打ち合わせを進めたそう。「どんな希望もできる限り叶えてくれるので、打ち合わせに通うのも楽しかったですね」と、話してくれました。

 

 

結露やカビの心配もなくなってアトピー体質も改善!

voice-02-03s

家づくりでまずこだわったのが、いつでも家族の様子を近くで感じられるような、ゆったりとした対面型キッチン。キッチンを取り巻くように造りつけにしたカウンターとダイニングテーブルもポイントで、空間を無駄なく有効活用できることはもちろん、全体のコーディネートに統一感が生まれています。背面のタイルのデザインは、いつも通っているお気に入りの雑貨店のカウンターを参考にして、イメージ通りの仕上がりに大満足だそう。

 

voice-04-05s

また、マンション暮らしが長かったこともあり、一戸建てならではの解放感にも憧れがあったそうで、吹き抜けのリビングとアイアンの階段もお気に入り。二階の廊下や階段まで無垢材を使うことで統一感のあるコーディネートになっています。さらに以前住んでいたマンションでは、結露やカビが原因でアトピー性の皮膚炎にも悩まれていたこともあり、自然素材を取り入れることを意識し、壁も漆喰で統一。今ではアトピー体質も改善されて、快適に暮らせているそうです。

 

暮らしに寄り添う快適な間取りやインテリア

1年間暮らしてみて、いつも心地よく過ごせるマイホームの良さをひしひしと実感しているというT様ご家族。洗濯ものの取り入れと同時に収納が叶う、外からそのまま入れるクローゼットや、キッチンに造りつけたたっぷりの収納など、生活をイメージしながらじっくり考えた間取りやインテリアだからこそ、家事動線が本当にスムーズになってストレスフリーの毎日に。広々としたキッチンでお子さんと一緒に料理を楽しんだり、お友達を呼んでのホームパーティーを開催したりと、新しい楽しみも増えたそうです。

また、ちょうど実家の近くに2軒分の広さの土地があったことから、お姉さん夫婦も一緒に同じ時期にウィンウィンホームでの家づくりをスタート。お隣同士でまったく違った空間に仕上がっているのも驚きです。普段からとても仲の良いお二人だったので、お隣同士になることもとても心強かったそうで、今では調味料の貸し借りをしたり、子どもたちの面倒をお互いが見合ったりできて、とても助かっているとのこと。ご近所に仲の良いお友達もたくさんできて、お子さんも毎日元気に走り回っています。「今年の夏はウッドデッキでプールをしたり、BBQも計画したいですね」とT様。“らしさ”が詰まったT様邸には、これからもたくさんの楽しい想い出が増えていきそうです。

 

voice-00s