HOME > スタッフブログ > 阿蘇 崇 > 11月は四国中央市妻鳥町の地鎮祭から

11月は四国中央市妻鳥町の地鎮祭から

2018-11-01

 

今日から11月に突入しました。

ついこの前まで暑い暑いと嘆いていた気がするんですがね。本当に月日が過ぎ去るのは早いですね。

まっ、充実した毎日を過ごさせてもらっている証拠ですね。

感謝感激あそタカシです。

 

四国中央市,地鎮祭,注文住宅

 

そんな11月の始まりの今日は四国中央市妻鳥町にて地鎮祭からスタート。

新たな月の始まりの日に家づくりの節目に立ち会えるなんて仕事冥利につきます。

 

本日めでたく地鎮祭を迎えられたご家族は、ご主人さんが生まれ育ったご実家の隣の土地に平屋のお家を新築されます。

最近二世帯住宅が増えてきているというBlogを以前記しました。

その記事は → こちら

 

どのご家族もそうですが、お家を建てられる土地には限りがあります。土地の広さの問題でひとつ屋根の下の二世帯住宅を建てられるご家族が大半です。

しかし、土地に余裕がある場合別棟で自分たちだけのお家を建てられるご家族もおられます。

一度は耳にしたことのある方もおられると思いますが「スープの冷めない距離感!」ってやつですね。

 

お互いのお家の入り口と入り口が程よく距離がありお互いのプライバシーが守られる距離感のことを指します。しかし、いざという時はお互いに助け合うことが出来るのも良い点ですね。

 

家づくりをされるご家族にはそれぞれのカタチがあります。そのご家族のライフスタイルに応じた提案をし続けたいものですなー。

 

あそパンマン

 

と、おでこが広くなってきたんじゃないかと気にしまくっている人が言ってました。笑

おでこの広さは心の広さに比例すると自分に言い聞かせようと思います。

 

あそパンマン

あそパンマン