社長の想い

お家づくりは決してひとりではできません。

世界にひとつだけの名前のあるお家をつくるためには、棟梁を中心にたくさんの職方さん、協力会社さんの技術と力がひとつになって進められていきます。

 

『家づくり」とは、『ことづくり』
お家づくりは、いろんな人の手によって成し遂げられるものです。だからこそ大切なのは、人と人との絆でありつながりだと考えます。

 

そこには、信頼関係の中で、住まい手(ありがとうオーナー様)と担い手(ウィンウィンホーム)とつくり手(協力会社さん)が笑顔で話し合い直接肌で感じ、オーナー様の想いを大切にし、プロの中のプロフェッショナルとして、匠の技をもってかたちにし、かけがえのない財産としてお返しすることなのです。

 

私たちはこの想いを原点に、ありがとうオーナー様との絆、協力会社さんとの絆・・・そしてその家族みんなの横のつながりをしっかりと結びつけるために、協力会社さんの会「絆会」を立ち上げています。この会を通じて、直接「世界にひとつだけの名前のあるお家」に携わる職方さん全員が、技術力はもちろん笑顔力・人間力も磨いていきます。

 

そして、この三者(住まい手、担い手、つくり手)が信頼の絆と和の中で一体となったとき、誰にも真似できないありがとうオーナー様だけの世界にひとつの夢が生まれる・・・そう想います。