WinWin HOME

HOME > 社長 語ります > なんのために…

なんのために…

ウィンウィンホーム39建築士マツモトです。

今日は、こんなお話を耳にしたので紹介しますね。

 

世界のHONDAの創業者である

本田宗一郎さんは晩年、
こんな言葉を残しています。

「これからは、奥さん孝行をしたい」

世界的な成功の陰には、

奥様の大きな支えがあったのでしょうね。

発売から50年以上を迎えた、HONDAの「スーパーカブ」。

実は、このオートバイ、

「奥様を助けたい」という宗一郎さんの思いから生まれています。

戦後間もない頃、

奥さんが自転車に荷物をのせて坂道をこいでいく姿を見て、

「何とかラクにしてやれないものか」と、

自転車用の補助エンジンを作ったのがきっかけです。

バイクに不慣れな女性のために、

ペダルだけで変速できるよう、まったく新しいクラッチ方式も考案しました。

「妻のために」という思いから、

操作の簡単さ、丈夫さ、燃費のよさを追求して作り上げられたカブは、

時代を越え、海を越え、現在、世界160カ国で愛されています。

生産台数は累計6000万台。

輸送用機器の一シリーズとしては、世界最高の販売台数です。

また、宗一郎さんのやさしさは、本社ビルにも表われています。

本社を新築する際、

「万が一、地震が起きたときに、割れたガラスが歩道を歩く人に降りかからないように」と、

ビルには全フロアにバルコニーがつけられました。

そんな宗一郎さんは、

創業当時から朝礼のたびに、

みかん箱の上に立って社員たちの前でこう宣言していました。

「世界一になる」

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

男は『嫁力』で変わる!といいます。

が・・・

なかなか日頃感謝の言葉は言えないものですね。

 

なんのために・・・

誰のために・・・

 

その志こそが 

「志す事」と書いて「 しごと(仕事)」なんだと思います。

 

 

 

【今日のひとこと】

『人を輝かせる人になる。』

 

 

 

 

※今日という日がみなさまにとってより良い一日となりますように…#39

 

 

 

 

20160101-094909-202x300

 

 

Copyright WinWin HOME. All Rights Reserved.