HOME > 注文住宅ブログ > そもそも、注文住宅はどこへ依頼するべき?

そもそも、注文住宅はどこへ依頼するべき?

2017-03-30

まず始めに知っておきたいこと

 

今回は、これから新築注文住宅を建てる “始めの一歩” の方へ向けて、

家づくりの基礎をお話ししたいと思います。

 

まず、家づくりをはじめるにあたって、どこに相談・依頼すればいいと思いますか?

選択肢としては、大工さんや工務店、大手のハウスメーカー、設計事務所などがあがります。

 

それぞれの名前は聞いたことがあるけれど、

実際にどんなことをするのか? どこに行って相談したらいいか?

キチンと答えられる方は少ないですよね。

 

それぞれの特徴を簡単に説明すると…

 

 

 

 

注文住宅の依頼先

 

〇大工さん

 日本古来の伝統的なかたちで家づくりをすすめるのが大工さんです。

 木工職人である大工の親方(棟梁)が設計から左官などの他の職人をまとめ、住宅建築に関するすべてを取りしきります。

 

 

〇工務店

 従来の大工さんの発展した形が工務店と呼ばれ、複数の専門業者をマネジメントし総合的な工事を請け負います。

 

 工務店にはさまざまな形態があり、経営意識も多種多様。

 ・デザインや設計を重視する工務店

 ・ハウスメーカーの下請け中心である工務店

 ・特定の建材や設備などを使った住宅を販売する工務店 …など

 

 一般的には 「工務店で家を建てる」と言うと、“設計”と“施工”の両方を依頼することを意味し、

 一般住宅を請け負うのは、地域に密着した中小規模の工務店が多くなります。

 

 

〇ハウスメーカー

 自社仕様の住宅の設計、技術開発を行い、規格化・工業化することで住宅を大量生産し、

 全国規模で事業を展開する会社をいいます。 

 

 名前の知れたハウスメーカーは安心でき、信頼性があるのが大きなメリット。

 

 規格住宅では大量仕入れや生産によりコストが抑えられますが、設計の自由度は低い傾向があります。

 

 

〇設計事務所

 建築家が所属する法人のことをいいます。設計事務所は大きく分けて2つに分かれ、

 一人の建築家の個人事務所と何人かの建築家が運営する組織事務所があります。

 

 建物のデザインを重要視し、完全な自由設計をすることができますが、

 デザイン設計料や工務店への監理費などがかかるため、コストが高くなる場合もあるようです。

 

 

 

 

それぞれの依頼先の違いは?

 

昔ながらの大工さんの進化形が工務店。地域に密着したイメージですね。

ハウスメーカーは、テレビCMや街で見かける広告などでもお馴染み。同じ規格の住宅を大量生産していきます。

設計事務所は、設計やデザインを主に担当します。

 

まずは、注文住宅の依頼先について、その違いが少し見えてきたのではないでしょうか。

 

次回は、依頼先を選ぶために、どのようにコンタクトをとったらいいのか? について、

お話ししていきたいと思います。

 

 

ちなみに、私たち「ウィンウィンホーム」は、

愛媛県で、“世界にひとつだけの家づくり”を提供する「工務店」です。